オートロック(集合玄関キー)が回らない、キツイ・・交換。

CIMG8767

オートロックの玄関ですが、入居者の皆様はそれぞれの部屋の鍵で開けます。

ある日、複数の入居者から連絡があり、オートロックを開けるときに鍵を差し込んでもうまく回らない、

カギが回らない、引っ掛かりがあるので何とかして欲しいとの事で見に行きました。

 確かに引っ掛かりがあります。何回かやっているとたまにカギが全然回らない時がありました。

この手のオートロックは逆マスターと言って、このマンションの場合は16世帯全ての部屋の鍵で

オートロックのドアが解錠できるような鍵の差込口(シリンダー)が取り付けられています。

CIMG8766

シリンダーのあたりを良く見ると、

CIMG8765

 あらら、シリンダー本体が回転していますね通常on/offの表示は真上に来るように

取り付けられているはずなのですが。。。

きっと、鍵を差し込んで回す時に引っかかりがあったので、無理にこじって回してしまったのでしょう。。

(入居者のみなさん、スミマセン。)

ひとまずシリコンスプレーを大量に鍵穴にスプレーし、大分スムーズに動くようになりましたが、

まだ少し引っ掛かりがあります。。

考えてみると、1日朝晩の出入りで2回差込み×16世帯×365日×10年ですからね、

・・・今までに 116,800回も差し込まれ、回されてきた訳です。。。

 交換を前提にカギ屋さんに点検と見積もりを依頼しましたが、

やはり、この位の頻度で同じような症状が出るオートロックが多いようです。。。

また、「オートロック操作盤(集合玄関キー)の逆マスターシリンダー」・・・と言う正式名称だそうです・・・は

当然、オーダー製作で納期が1ヶ月くらいかかるのと、高く付く訳です。

 で、オーナーさんと相談した結果、シリンダーを交換する事になりました。。

(入居者の皆さん、あと1ヶ月くらいご辛抱下さい。。スミマセン。)

 

この記事を書いた人

中村
中村
 ご覧頂きありがとうございます。
不動産ラボ 研究員(管理担当)の中村ですw。
アパート・マンションの管理業務に日々頑張っています!
 
管理の仕事は細かな事の積み重ねですし、決まった事の繰り返しみたいな部分もありますので、何も考えず(疑問も持たず?)に行っても一応はキチンと業務を遂行した事にはなります。。
それでもきっと何のクレームも無いはずです。

ですが、「ここを○○したらどうだろう?これって現状のままで良いのだろうか??」などと疑問を持って行う事で、よりコストのかからない管理方法が見つかったり、同じコストでもより効率的に入居者満足、オーナー満足につながる事が発見できたりします。

ただお預かりしているだけの物件だと思わず、自分の物件だと思って日々愛情を注いで管理させてもらっています。

 ご質問、お問い合わせなどはお気軽にどうぞ!

コメントフォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です