共用部廊下の床CF(クッションフロア)補修

CIMG3399

 今日はこんな感じでめくれ上がったクッションフロアの補修です。

当社に管理が変わりまして、気になる所を補修して寿命とキレイさを持たせるためのものです。

見たところ、この一部分だけでしたので、床職人さんでなくとも補修できそうですw。

 まず、

CIMG3400

内装用のハケ(小さなほうき)でCFと床の間のゴミ、砂などを丁寧に取り払い、その上で

紙やすりをかけて以前の糊などを剥がします。また、隣のCFとの合わせ目も少し紙やすりをかけ

バリ(糊が固まった突起物など)も取り除きます。

CIMG3401

その後、写真に少し写っている超強力ボンド(ジョイフルAKおススメ!)で接着します。

キチンとオープンタイム(接着剤を乾かす時間)を置いて説明書通りの方法で接着します。

ココ、手を抜くとどんな接着剤でも剥がれてくる原因になりますよ。

CIMG3408

 となりのCFとの合わせ目をローラーで圧着し、仕上げです。

CIMG3407

CIMG3398

んーーーーん、キレイになりました!

 こんなちょっとした補修でも床職人さんを呼ぶと1万円位はかかりますからね~。

それに、こういった補修はやりたくないのが職人さんの本音です。

だって、あくまでも『補修』ですから、またいつかは剥がれてきます。また、他の部分がこのように

剥がれてくるかもしれません。その時に、「あの時に1万円払って補修してもらったのに剥がれてきた、

いっぺんに全部張り替えた方が良かったわ!」なんて言う施主さんもいらっしゃるそうですから、

なかなか後が面倒臭いようです。

 但し、今回は私が補修しましたが、これはあくまでも、数年(十数年?)後の、床のリニューアルまで

持たせるための(寿命を延ばすための)補修です。

なので、ココを今補修して、一生長持ちするものではありませんw。