共同住宅の火災保険は『水災』『破損・汚損』は必須です!

アパートオーナーの皆さん、火災保険はフルカバーに入っていますか??

火災保険、良いですよ!すごく!

何が良いって、「火災」だけではなく、集中豪雨で排水が溢れてきたり、屋根の雪が落ちてきて窓を割ってしまった、犯人不明だけれども建物外壁が壊れた、汚れた、などの際にも保険金が出ますw。

但し、これは「水濡れ・外部からの物体落下等」、「水災」、「汚損・破損等」の特約を付けておかないと出ないのです。

保険会社によって微妙に違いますが、「水災」に入らないと「破損・汚損」が付けられないとか、「盗難」も入らないと「破損・汚損」が付けられないとか、色々抱き合わせメニューが違います。

それぞれの保険会社で確認して頂きたいのですが、

抱き合わせメニューになっていたとしても、「水災」と「破損・汚損」は絶対に必要です!入って下さい!

場合によってはフルカバー(全特約つき!保険料の一番高いプラン)になるかもしれませんが、「破損・汚損」の特約は使えます。また、「水災」もかなり使えます。

「水災」って、床上浸水する時だけじゃぁないんですよ。これをもって「札幌は水害が少ないから保険料節約のために水災の特約を外そう。」なんてしている方もいらっしゃると思いますが、意外とコレ、使えます。

ポイントは床下浸水でも使えるプランにすることですね。詳しく言えませんが、意外とこの手の事故、多いです。全額保険で賄えることも多いです。

 

それと、

「破損・汚損」の特約は必須ですよ!

これも本当に良く使います。結構この手の事故も多いです。

なんだか良く分からないけど、建物の手の届かないところが壊れている、良くよく見ると何かがぶつかった、ぶつかってきた、などの事も結構あります。これも全額保険金で賄えるケースも多いです。

 

確かに特約を色々と付けると保険料が高くなりますから節約したいキモチは分かるのですが、これらの特約を使う事故が起きた際、支払った火災保険料以上に回収(と言ったら失礼ですが。。)できます。

逆に言いますと、このような特約を付けていなければ、修理費用で何十万と自腹を切る事になります。火災保険単体では火事以外の事故には保険金は出ません。

火事が起きた時以外に使えない保険料を何十万円と支払っているのに、更に修理費用を支払わないとならないのです。。トホホ・・・ですね。

火事の件数よりも、水災や破損・汚損の方が圧倒的に数が多いです。アパートオーナーの皆様、保険証券を見直してみて下さいねっ。

この記事を書いた人

中村(代表)
中村(代表)
 こんにちは。お越し頂きありがとうございます。
不動産ラボ、代表の中村です。

当社は事業用の収益物件に特化した会社です。
事業用ですから、それら資産の継承、相続、税務などについての
ご相談がどうしても多くなります。

私一人の知識では太刀打ちできない事があっても、その度に身銭を
切って専門家に協力を仰ぎ、その知識を学習し、問題解決に当たって
きました。

ここではそんな経験から、オーナーの皆様に有益となる情報を
お知らせして行きたいと思います。

 ご質問、ご相談などはお気軽にどうぞ。

コメントフォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です