トタン屋根のひび割れコーキング補修

CIMG8006

札幌の木造アパートの屋根は大体がトタン屋根ですw。

このアパートの屋根も5~6年前に塗り替え、コーキングをしているのですが、

どうしてもひび割れしてくるんですね。

トタンの板自体は錆びて穴が開かない限り大丈夫なのですが、こういった継ぎ目

の処理(=コーキング)は数年で劣化してひび割れしてしまいます。

なので、屋根の点検はこのコーキングのひび割れをチェックしないとダメなんですねw。

で、ひび割れ発見!!

ほら、ここにも!

CIMG8007

ここにも!

CIMG8003

CIMG8005

このアパートは今年からウチの管理物件になりましたので、今回が初回の点検です。

すぐ直しますっ!!

だって、この部分から水が浸食して漏れてきますから。。。

外壁だとかの修繕、コーキングなどは見た目も重要であるため、しっかりした業者さん

に依頼して作業してもらいますが、屋根の上ですので見た目よりも機能性重視で私がその場で

修繕してしまいますw。

まず~、コーキングの亀裂の部分をキレイにブラッシングしてから、

プライマー(既存のコーキングやトタンの板と新しいコーキングと接着剤のような液体)を塗布し、

(プライマー、結構高いものです。。)

CIMG8816

トタン屋根用のコーキングを打ちます(塗ります)。

CIMG8815

ここにも同じくコーキングを打ちます。

CIMG8818

これで数年は大丈夫です!!この部分からの水漏れはありませんw。

専門のコーキング職人さんだったら見た目ももっとキレイにできるはずですが、

屋根の上のコーキングなので、ここを見るのはカラスだけですw。

なので、見た目は悪くとも機能重視で!!

(だって、このコーキング打ちも職人さんに頼むと数万かかりますからね。まぁ、屋根に上って

 寒い中コーキングしてもらったらその位は請求したくなるのでしょうが。。)

 プライマー代とコーキング代の実費だけ頂きましたw。

屋根用防水コーキング2本とプライマー200gで4,500円位ですw。

年に1回~2回は点検して、コーキングが傷んでいないか確認しましょうネ!

この記事を書いた人

中村
中村
 ご覧頂きありがとうございます。
不動産ラボ 研究員(管理担当)の中村ですw。
アパート・マンションの管理業務に日々頑張っています!
 
管理の仕事は細かな事の積み重ねですし、決まった事の繰り返しみたいな部分もありますので、何も考えず(疑問も持たず?)に行っても一応はキチンと業務を遂行した事にはなります。。
それでもきっと何のクレームも無いはずです。

ですが、「ここを○○したらどうだろう?これって現状のままで良いのだろうか??」などと疑問を持って行う事で、よりコストのかからない管理方法が見つかったり、同じコストでもより効率的に入居者満足、オーナー満足につながる事が発見できたりします。

ただお預かりしているだけの物件だと思わず、自分の物件だと思って日々愛情を注いで管理させてもらっています。

 ご質問、お問い合わせなどはお気軽にどうぞ!

コメントフォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です