今年の路線価は昭和バブル時を越えたか?

今年の路線価は昭和バブル時の何倍?

さて、どうなんでしょう?

株価も昭和バブル時を未だに越えられないですし、当時日本中は熱狂的に楽観的(?)でしたから、土地の価格も昭和バブルを越えられないんじゃないか??

なんて思いますよね。

 

・・・でも、越えちゃいました。東京だけですけど。。

昭和バブル時の最高路線価は平成4年に記録しています。ただ、この前年から実際の売買価格は崩壊に向かっていました。

東京の最高路線価は銀座5丁目の「鳩居堂」前、三越のある銀座4丁目の交差点ですね。

H4年(路線価バブルピーク時)3,650万円/1㎡あたり、

H30年路線価4,432万円/㎡

1㎡あたりこの金額ですから、1坪だといくらですか、1億越えですか。。スゴイですね♪

 

札幌はというと

H4年路線価1,144万円/㎡(この頃は大通パルコ前だったかな?4プラ前だったか?)

H30年路線価424万円/㎡ 札幌ステラプレイス前です。ステラプレイスができてから、大丸札幌店ができてから、札幌の中心が大通りからさっぽろ駅前に変わってきたようですね。

 

ちなみに、東京以外の主要都市は未だにバブル時の路線価を越えていません。

大阪も名古屋も京都も福岡もです。札幌も未だバブル時の価格の4割以下(37%)ですね。

札幌以外の主要都市はバブル時の50%程度まで回復しているのも多い中、やっぱり札幌はまだ割安感があると思います。

他の都市に比べてまだ伸び代があるかも??冬期オリンピックの誘致が成功したらまだまだ上がるかも?なんて期待を抱いてしまいますねw。

もっとも、オリンピック後を考えるとちょっと冷静になる部分がありますので、やはり中心部に近いところでないと私は手を出しません。。

この記事を書いた人

中村
中村
 ご覧頂きありがとうございます。
不動産ラボ 研究員(管理担当)の中村ですw。
アパート・マンションの管理業務に日々頑張っています!
 
管理の仕事は細かな事の積み重ねですし、決まった事の繰り返しみたいな部分もありますので、何も考えず(疑問も持たず?)に行っても一応はキチンと業務を遂行した事にはなります。。
それでもきっと何のクレームも無いはずです。

ですが、「ここを○○したらどうだろう?これって現状のままで良いのだろうか??」などと疑問を持って行う事で、よりコストのかからない管理方法が見つかったり、同じコストでもより効率的に入居者満足、オーナー満足につながる事が発見できたりします。

ただお預かりしているだけの物件だと思わず、自分の物件だと思って日々愛情を注いで管理させてもらっています。

 ご質問、お問い合わせなどはお気軽にどうぞ!

コメントフォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です